安全・安心の取り組み

品質管理取り組みについて

神栄では独立した品質管理部門を設置し、安全安心に向け以下の内容について取り組んでおります。

■仕入先のチェック
我社の仕入先は中国を中心にヨーロッパ、アジア、アメリカ等多岐にわたっておりますが、全ての仕入先に対し自社基準チェックリストを基に既存・新規仕入先の監査、食品安全に対するリスク評価と改善指導を実施しております。
■クレームの一元管理
お客様からのクレームを一元管理し、仕入先にフィードバックすると共に改善策について協議を行い品質向上に取り組んでおります。
■自社検査室の設置
R&Dセンター(神戸ポートアイランド)に検査室を設置し残留農薬、微生物検査、官能検査等を実施しております。
主に新製品の事前検査や、定番品のモニタリング検査を実施し安全を確認しております。
特に残留農薬検査は分析歴15年の環境計量士(濃度)が実施しており、結果を仕入先にフィードバックし検査精度向上についての意見交換も実施しております。
■法令順守
法令の改正や新設に伴う既存製品規格の配合チェックと一括表示関連の見直しを行い、お客様へ報告を行っております。

R&Dセンターの様子

R&Dセンター外観

R&Dセンターにて専門スタッフによる検査・分析

01.残留農薬検査

  • ■厚生労働省が定める一斉試験法(通知法)に準じた方法
  • ■分析対象化合物は260項目
  • ■仕入先とのクロスチェック及び外部精度管理を実施し、分析値を客観的に評価

財団法人食品薬品安全センター秦野研究所およびFAPASが実施する平成21/22年度外部精度管理に参加し、残留農薬において良好な結果(zスコア2以内)が得られました。

02.微生物検査

  • ■食品衛生検査指針に準ずる乾式培地法
  • ■検査項目:一般生菌数・大腸菌・大腸菌群
  • ■仕入先とのクロスチェック及び外部精度管理を実施し、検査結果を客観的に評価

ニッスイ製薬株式会社が実施する平成21年度外部精度管理に参加、微生物(一般生菌、大腸菌、大腸菌群)において良好な結果(zスコア2以内)が得られました。

私たちの使命は安心して召し上がっていただくこと。

仕入れから加工、国内においてはR&Dセンターでの残留農薬、微生物検査、官能検査等、徹底した品質管理を行っております。世界各地からの様々な食材をおいしく召し上がっていただくために、私たちは日々、品質向上に取組んでまいります。

ページの先頭へ